2007.05.26

地球アパートメントモデル

地球アパートメント@京都、とでもいうべきことをやってる人を教えてもらった。

胡乱座(うろんざ)
http://www.uronza.com/

とりあえず、メモ。
ざっと、読んだがなかなか面白い。

トップページには、

“あるじが1人で運営しています。
行き届いた対応ができません。
ご理解ください。
胡乱座 あるじ”

とあって、そこからまず惹き込まれてしまいました(笑)。

| | コメント (0)

2007.05.25

どんなふうに人を迎えたい?

昨日決まったのだけど、どうやら8月初旬に引っ越すことになりそうです。
前から少しづつ話が進んでいた、東山の長屋に。東京出張の帰りに、横浜に住む大家さんにお会いしたことで話が一気に進みました。

引っ越す予定の長屋は、2階建てでそれなりに広く、「地球アパートメントできるね!」と2、3の友達に言われたのだけど、(実際のところ、引越後地球アパートメントをすぐ開始するということはありません。)そもそも、

「人を迎えるのはもちろんしたいけど、具体的にはどんなふうに、そこで人と出会いたいのか?」

ということが、自分の中ではっきりしていないことに昨日気付きました。
それは、町家を自主改装して住む知人の活動を見たり話を聞いてみて、感じたのでした。
例えば、彼らはイベントのためにスペースを貸すにしても、そこに自分たちがどう関わるのか、こだわりをもってやっている。そこのところが、自分は何にも描けてないと、はっとしました。

ちなみに知人の住む自主(自力)改装した町家は鞍馬口ん家(くらまぐちんち)。
5/19〜6/17まで開催の楽町楽家というイベントに参加しています。期間中、鞍馬口ん家では、常設展示と3つの単発のイベントが開催されます。
最終日 6/17(日)に行われる“日本酒Bar鞍馬口んち2007夏 奥播磨試飲会”には、私も足を運びたいなと思ってます。この時期夕暮れ時に町家で飲むお酒は、美味しいだろうな。

鞍馬口ん家 への問い合わせ kuramaguchinchi@yahoo.co.jp


鞍馬口ん家で開催のイベント・インフォメーション↓(拡大すると読めます。)


Kuramaguchinchi




 

| | コメント (0)

2007.04.14

カモガワあっての京都

Kamogawa01
夕暮れ時の鴨川。今出川付近。中州に菜の花が咲いてます。桜はかなり終わってました。葉桜。

昼ご飯を友達と食べた後に、鴨川の土手を喋りながら歩く。
三条のあたりから、荒神口まで。
途中、亀石ではなく千鳥のような飛び石(コンクリート)で、川を西岸から東岸に渡り、
渡ってる途中で、せせらぎのような軽い流れの音を耳にする。
河がごく浅いため、気持のよい軽やかな流れの音がするのだ。
「すごく気持ちのよいの音がする。」
と、友達が言う。

同じ鴨川沿いでも、五条や四条あたりと、今出川近くでは、川縁の感じが結構異なる。
川の両岸の土手つくりが違うことや、並んでいる建物の違いからだと思う。
友達は、荒神口あたりで
「あ、山が近くに見えて来た、ほっとするなあ。」
と口にした。

いつも思うのけど、 川幅といい、岸(土手)のつくりといい、これほど絶妙なつくりの川が街中に流れているケースって、ほとんど無いんじゃないだろうか。
川幅は、向こう岸の人の雰囲気がなんとなくわかる、ちょうどよい存在の距離。
これが広すぎると、川の賑わいを感じるのが、自分のいる片岸だけになってしまう。
向こう岸の人の存在は把握できるけど、視線などがうっとうしくないくらいの川幅が、かなりの距離で続いている。
土手のデザインも作り込みすぎず、ベンチ以外の腰を降ろせるエリアがとにかく広い。
腰を降ろしたくなるような、適度に草が生えた、ごく緩やかな斜面の面積が広い。
亀石(飛び石)などが、何カ所かあって、あっちからこっちと、簡単に渡ることができる。ただし石の感覚が微妙に広めなので、小さな子供にはちょっとした冒険ではあるけど。
(惜しくも上手く渡れず、川に落ちてる子供を、今日も見ました。)
思いつくだけでもこんな特徴があって、カモガワは愛されるようできてるなあ、と川岸を歩くたびに思います。

今日一緒に歩いた友達は、今月末に関東に引越し。
カモガワの亀石(飛び石)からの風景を目に焼き付けただろうか。
カモガワは本当にいい川で、その良さを簡単に言い切ってしまいたくないのだけど、
友達をネタにちょっと書いてみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)