2007.11.06

オアハカ・リンド、メキシコのキュートな町

メキシコという国が引き合わせてくれた私の友人で
Trensaを主宰するアンダーソン・優子さんの著書が
近日中に発売されます!(11/21予定)
(下の画像をクリックすると、本のContentsも読むことができます。)


オアハカ・リンド、メキシコのキュートな町

Oaxacalind



彼女は、学生時代にメキシコに留学、魅了され
その後も何度となく通い、メキシコの光も影も知っています。
この本は、その彼女が紹介するキュートという切り口のメキシコ。
見た通りカラフルで、目にも楽しい本です。


また、その本の出版にちなんだイベントが東京と京都で開催されます。

-----------------------------------------
OAXACA LINDO オアハカ・リンド展

vol1: 2007. 11.21(水) - 11.24(土) @池袋ZOZOI
vol2: 2007.11.30(金) - 12.02(日) @京都Casa de Banano

『オアハカ・リンド メキシコのキュートな町』の出版を記念して、オアハカ地方の文化をお届けする展示イベントを東京と京都で開催します。オアハカの写真や人びとの暮らしに根付いたファッションや小物の展示、温もりあふれる手作り雑貨やアクセサリーの展示販売など、キュートなメキシコの世界をお届けします。また、テキーラや、メキシココーヒー、メキシコ料理、メキシコ音楽などもご用意しています。是非お気軽に遊びにいらしてください。

-----------------------------------------
会場1 東京 ZOZOI
2007.11.21(Wed) - 24(Sat) @ZOZOI

 open:
 21(Wed) & 22(Thu) 12:00 -22:00
 23(Fri)  & 24(Sat) 16:00-22:00

◇ZOZOI 
東京都豊島区西池袋3-22-6 2F
TEL 03-5396-6676
地図&紹介HPはコチラ

池袋駅近とは思えない、静かな路地裏にある、ご飯も美味しいガーリーで可愛いカフェを、メキシコ色に染めます。(1Fカフェ・2F展示&バースペース)

期間中は、カフェメニューにメキシコの家庭料理や、我が家も愛飲しているグラウベル焙煎の新鮮で美味しいオアハカコーヒーが登場する予定です。ランチもディナーもお手ごろな価格でとっても美味しいカフェご飯が楽しめますので、 是非ご利用ください。

また、今年9月に行われたお台場フィエスタ・メヒカーナで話題になった、テキーラス・デル・セニョール社のテキーラがお楽しみいただける「ルイスさんの美味しいテキーラのお店」が週末の3夜連続で(11月22日(木)〜24日(土)18:00-22:00)、バースペースに出現します。期間中、1Fカフェスペースでも、ルイスさんのテキーラをご注文いただけます。

-----------------------------------------
会場2 京都 Casa de Banano
2007.11.30(Fri) - 12.02(Sun)@Casa de Banano
11:00 - 19:00 最終日は17時終了

◇Casa de Banano 
京都市左京区岡崎円勝寺町57-8 TEL.075-634-5674
地図はコチラ

和の趣溢れる京都の町家スペースに、メキシカンスピリットを吹き込みます。

30日(金)&1日(土)15時よりグラウベル焙煎のオアハカコーヒーをお楽しみいただきながら、著者本人と、ルイス・バラガンに魅了されたCasa de Banano管理人によるおしゃべりカフェタイム(先着8名様 / 参加費500円(コーヒー付)を予定しています。 それぞれのメキシコへの思いや、こぼれ話などをお話させていただけたらと思っています。


◆イベントのお問い合わせはトレンサまで。
-----------------------------------------

この機会に“キュートなメキシコ”を
実際に手にとってもらいたいです。
私はグラウベル焙煎のオアハカコーヒーも楽しみにしています。
(@京都ではおしゃべりカフェタイムにオアハカコーヒーを楽しむことができます。)

| | コメント (0)

2007.05.26

地球アパートメントモデル

地球アパートメント@京都、とでもいうべきことをやってる人を教えてもらった。

胡乱座(うろんざ)
http://www.uronza.com/

とりあえず、メモ。
ざっと、読んだがなかなか面白い。

トップページには、

“あるじが1人で運営しています。
行き届いた対応ができません。
ご理解ください。
胡乱座 あるじ”

とあって、そこからまず惹き込まれてしまいました(笑)。

| | コメント (0)

2007.05.25

どんなふうに人を迎えたい?

昨日決まったのだけど、どうやら8月初旬に引っ越すことになりそうです。
前から少しづつ話が進んでいた、東山の長屋に。東京出張の帰りに、横浜に住む大家さんにお会いしたことで話が一気に進みました。

引っ越す予定の長屋は、2階建てでそれなりに広く、「地球アパートメントできるね!」と2、3の友達に言われたのだけど、(実際のところ、引越後地球アパートメントをすぐ開始するということはありません。)そもそも、

「人を迎えるのはもちろんしたいけど、具体的にはどんなふうに、そこで人と出会いたいのか?」

ということが、自分の中ではっきりしていないことに昨日気付きました。
それは、町家を自主改装して住む知人の活動を見たり話を聞いてみて、感じたのでした。
例えば、彼らはイベントのためにスペースを貸すにしても、そこに自分たちがどう関わるのか、こだわりをもってやっている。そこのところが、自分は何にも描けてないと、はっとしました。

ちなみに知人の住む自主(自力)改装した町家は鞍馬口ん家(くらまぐちんち)。
5/19〜6/17まで開催の楽町楽家というイベントに参加しています。期間中、鞍馬口ん家では、常設展示と3つの単発のイベントが開催されます。
最終日 6/17(日)に行われる“日本酒Bar鞍馬口んち2007夏 奥播磨試飲会”には、私も足を運びたいなと思ってます。この時期夕暮れ時に町家で飲むお酒は、美味しいだろうな。

鞍馬口ん家 への問い合わせ kuramaguchinchi@yahoo.co.jp


鞍馬口ん家で開催のイベント・インフォメーション↓(拡大すると読めます。)


Kuramaguchinchi




 

| | コメント (0)

2007.04.14

カモガワあっての京都

Kamogawa01
夕暮れ時の鴨川。今出川付近。中州に菜の花が咲いてます。桜はかなり終わってました。葉桜。

昼ご飯を友達と食べた後に、鴨川の土手を喋りながら歩く。
三条のあたりから、荒神口まで。
途中、亀石ではなく千鳥のような飛び石(コンクリート)で、川を西岸から東岸に渡り、
渡ってる途中で、せせらぎのような軽い流れの音を耳にする。
河がごく浅いため、気持のよい軽やかな流れの音がするのだ。
「すごく気持ちのよいの音がする。」
と、友達が言う。

同じ鴨川沿いでも、五条や四条あたりと、今出川近くでは、川縁の感じが結構異なる。
川の両岸の土手つくりが違うことや、並んでいる建物の違いからだと思う。
友達は、荒神口あたりで
「あ、山が近くに見えて来た、ほっとするなあ。」
と口にした。

いつも思うのけど、 川幅といい、岸(土手)のつくりといい、これほど絶妙なつくりの川が街中に流れているケースって、ほとんど無いんじゃないだろうか。
川幅は、向こう岸の人の雰囲気がなんとなくわかる、ちょうどよい存在の距離。
これが広すぎると、川の賑わいを感じるのが、自分のいる片岸だけになってしまう。
向こう岸の人の存在は把握できるけど、視線などがうっとうしくないくらいの川幅が、かなりの距離で続いている。
土手のデザインも作り込みすぎず、ベンチ以外の腰を降ろせるエリアがとにかく広い。
腰を降ろしたくなるような、適度に草が生えた、ごく緩やかな斜面の面積が広い。
亀石(飛び石)などが、何カ所かあって、あっちからこっちと、簡単に渡ることができる。ただし石の感覚が微妙に広めなので、小さな子供にはちょっとした冒険ではあるけど。
(惜しくも上手く渡れず、川に落ちてる子供を、今日も見ました。)
思いつくだけでもこんな特徴があって、カモガワは愛されるようできてるなあ、と川岸を歩くたびに思います。

今日一緒に歩いた友達は、今月末に関東に引越し。
カモガワの亀石(飛び石)からの風景を目に焼き付けただろうか。
カモガワは本当にいい川で、その良さを簡単に言い切ってしまいたくないのだけど、
友達をネタにちょっと書いてみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.22

お庭と精進料理@相国寺

Shokokuji
精進料理のメニューは白いご飯とお汁、がんもどきの煮付け・ごま豆腐・ほうれん草のごま和え・つけもの、変わり種は昆布の素揚げ(右上)。白いご飯を食べ終わると、その椀にお茶をそそいで頂きます。ごま豆腐が美味しかった。


昨日は、友人に
「精進料理がいただける券をもらったから行かない?」
 と、誘われてご近所の相国寺に出掛けました。


「お寺で精進料理!」
に喜びすぎて

「それがどんなところで頂けるのか」
を全く想像しなかった私は、本当に近所を散歩する気分で手ぶらで出掛けたのですが、行ってみて

「!!!
カメラ持ってくるんだった…。」
というような、素敵な眺めの間で、いただくことが出来ました。
一応、携帯に納めましたが(笑)。


Syokokuji01
こういう広間で
Syokokuji02
お庭に向かって、食しました。この眺めからすると、庭を見下ろすよう、少し高い場所で食べているように感じました。気持いい、そしてなにより料理が美味しく感じる。

友人から聞いた話では、相国寺では、お寺で食べる分のお野菜などを(多分敷地内で)つくっているそう。ヨーロッパの昔の修道院みたいですね。映画の「薔薇の名前」にでてくるような。
この日のごま豆腐なども、こちらでつくられたものでしょうね。

Syokokuji03
食べ終わってからに縁にでると、庭が掘り下げられていることに気付く。
庭の背景が斜面状に立ち上がっているケースはよくあるが、このようにちいさな渓谷のようになっている庭を見るのは久しぶり。


+
相国寺でお料理を頂いたあとは、近くの御所を少し散歩。
なんと、もう桜が咲いてました。御所北西のしだれ桜ゾーンです。もう何本か咲いていて、この日は祝日ということもあり、たくさんの人は桜に見蕩れてました。
Gosyo_shidare

帰ってから、今日はなぜ精進料理が振る舞われたのか、ネットで検索してみたけど、わからず。
どなたか御存知の方がいらしたら、教えてください(笑)。

| | コメント (10)

2006.10.28

機上からのメール

Cuilapam01_1
昨晩ネットをしてたら、メキシコに向かう途上の友人からメールが届く。
「今飛行機の中で、無料無線LANが入っていて、インターネットやり放題でびっくり。すごい世の中になった!」
という内容。

とんでもなく遠く離れた場所にいるのに、ほとんどリアルタイムで友人の現在を知ることが出来る、と実感して自分がすごく自由になった気がした。京都にいながら、メキシコでの滞在にわくわくしている機上の友人の心境が伝わってくるのだ。それが単純にすごく嬉しい。こんなふうに何処にいたって、大事なひと、大事なことを、自分のものとしてリアルに感じられることを大切にしたいなあと思う。

あらためてネット社会て凄いなと思う。もちろん現実で地に足がついてることが前提ですが。
そして地球アパートメントもネットがあってこそ、楽しく機能するのだろうな、と実感した昨晩でした。



友人が向かうのはメキシコのオアハカという都市。
その近郊Cuilapamにある天井の落ちた教会。何ともシュールな場所でした。
Cuilapam02
Cuilapam03






|

2006.10.18

旅と空間

先週末に会った旅行づくりの仕事をしている女性とのお喋りで発見したこと。

ネット上では前からお付き合いがあったのだけど、実際会ったのは今回が初めて。
彼女の仕事の話(旅の話等々)を聞いたり、好きな空間などを尋ねていて気づいたのは、彼女の言葉に空間に関する単語がよくでてくるし、またその単語をつかったキャッチボールがお互いにスムーズにできる、ということ。

なんでかなあ…と、話しながら考えていたら、どういう話の流れから言ってくれたのか忘れましたが、
「自分がやろうとしている旅づくりの仕事は、ツール(移動手段、宿泊場所)のみを提供するのではなく、お客さんが(うまく言えないでいる)過ごしたい時間のイメージを引き出し、それを楽しんで体験できるように、時間作り・空間作りをしてあげること。」
だと、彼女が説明してくれた。

なるほど!と思いました。いわれてみると、旅の行程というのは、建物(建築)という枠に縛られない、移動する時間の中での空間体験そのものです。
いわれてみると、納得ですが、今迄そんなふうに考えた事はなかった…。
感覚的な視点でいうと、「旅」と「建築(空間)」は、かなり近しいのだと気づかせてくれた、嬉しい出会いでした。

Mexico_cafe
メキシコシティ滞在時にときどき訪れた居心地のよいカフェ。メキシコではめずらしく、紅茶専門のお店だったように思う。旅先でくつろげるカフェをみつけることができると、いい旅になるような気がします。

|

2006.10.07

旅のリズム…宿泊二日前

私の実家に宿泊する二日前、バイクで旅行中の友人から、携帯で連絡が入る。
「すごく(旅の行程に)ツカレタので、愛知県に寄らずに直接自宅に帰ろうかと思って。」
ということ。
どうやら、地道をゆっくり走って東北地方の太平洋側を南下していこうと思ったのだけど、道路事情でかなり飛ばして走らないといけない状況だったらしく、その走行で疲れたよう。1日400キロ走ったと聞いて、そりゃそんな気持ちにもなるだろうと、納得。1日200から300キロが快適に走れる目安だと彼女から聞いていたので。その距離だって、クルマしか運転しない私からすると、驚き。300キロの間、全身に風を受けているのだから。

長旅をしていると、気持ちをいつも良い状態に保っているのは、正直難しい。実際、自分もメキシコでの長旅で経験した。バイク走行による疲れもピークだったよう。
こういう時って、一晩ゆっくり眠ると次の日は全然違う気分になってたりすることも、おおいにあるので、「とりあえ、明日もう一度連絡取り合おう。」っていうことにした。

次の日、やっぱり(?)「明日泊まらせて頂きます!」のメールが入りました。
旅ってそんなもんなんだなあ…。

Aoyacho
日本海、鳥取県青谷町の海。彼女の舞鶴への行程でこの風景をみたかも。

|

2006.09.25

地球アパートメント、はじめの一歩

今日から友人がバイクで一人旅にでた。
島根県から京都へ、そしてフェリーに乗って、北海道へ渡り今度は陸路で方々を訪ねながら戻ってくるらしい。
何か私ができることはないかと、群馬県のユニークな家に住む友達と愛知県の実家を宿にしたらどうかと提案したら、結局私の両親が住む愛知県の実家に泊まることになった。
何気なく勧めたのだけど、考えてみると地球アパートメント的展開です。
実家は子どもが巣立って空いている部屋はあるし、両親は旅好きなので私の友人となんらか旅の話ができるだろう。
友人が泊まるのは10/2頃。どんな感じだったか、後で両者に聞いてみます!

下は友人のバイク。11日間の旅なんだけど、重装備?それとも身軽?バイクに乗らない私にはちょっとわかりません…。長旅中、事故のないことだけを祈る!

彼女のブログはコチラ↓旅の様子をアップしていくとのこと。
http://wantformust.cocolog-nifty.com/blog/

Vfsh0321jpg
























|

念願の京都御所(やや)近くに引越

地球アパートメント管理人は、今年6月に念願の京都御所(やや)近くに引越。近くといっても地下鉄1駅分離れていいるので歩いて15分ほどかかりますが、家から上御霊前神社の前を通り、相国寺境内を通り抜けて、御所にたどり着く道のりはかなり気持ちいいルート。
自宅の最寄り駅は地下鉄鞍馬口駅だけど、気持ちのいい天気の時は地下鉄の丸太町駅で降りて、御所それから相国寺を通り抜け家に帰ることも。40分くらいかかるので、そう毎日は歩いてませんが…。

昨日は夕暮れ時に御所に出掛けました。新しいカメラの練習も兼ねて。
Sokokuji01
相国寺の北口から入り、石畳の小路を南下。

Sokokuji02
小路の東側の方丈、飛行機雲。

Sokokuji03s
西側の経蔵。

Sokokuji04
角を曲がって講堂の前へ。

Doshisya_s
相国寺の総門を通り抜け、同志社大学の前へ。建物は同志社女子大学校舎。

G_imadegawagomon_s
京都御所の今出川御門の前へ。御所の大きな樹々がみえてくると、本当にほっとします。

後日へ続く。

|