2007.04.14

カモガワあっての京都

Kamogawa01
夕暮れ時の鴨川。今出川付近。中州に菜の花が咲いてます。桜はかなり終わってました。葉桜。

昼ご飯を友達と食べた後に、鴨川の土手を喋りながら歩く。
三条のあたりから、荒神口まで。
途中、亀石ではなく千鳥のような飛び石(コンクリート)で、川を西岸から東岸に渡り、
渡ってる途中で、せせらぎのような軽い流れの音を耳にする。
河がごく浅いため、気持のよい軽やかな流れの音がするのだ。
「すごく気持ちのよいの音がする。」
と、友達が言う。

同じ鴨川沿いでも、五条や四条あたりと、今出川近くでは、川縁の感じが結構異なる。
川の両岸の土手つくりが違うことや、並んでいる建物の違いからだと思う。
友達は、荒神口あたりで
「あ、山が近くに見えて来た、ほっとするなあ。」
と口にした。

いつも思うのけど、 川幅といい、岸(土手)のつくりといい、これほど絶妙なつくりの川が街中に流れているケースって、ほとんど無いんじゃないだろうか。
川幅は、向こう岸の人の雰囲気がなんとなくわかる、ちょうどよい存在の距離。
これが広すぎると、川の賑わいを感じるのが、自分のいる片岸だけになってしまう。
向こう岸の人の存在は把握できるけど、視線などがうっとうしくないくらいの川幅が、かなりの距離で続いている。
土手のデザインも作り込みすぎず、ベンチ以外の腰を降ろせるエリアがとにかく広い。
腰を降ろしたくなるような、適度に草が生えた、ごく緩やかな斜面の面積が広い。
亀石(飛び石)などが、何カ所かあって、あっちからこっちと、簡単に渡ることができる。ただし石の感覚が微妙に広めなので、小さな子供にはちょっとした冒険ではあるけど。
(惜しくも上手く渡れず、川に落ちてる子供を、今日も見ました。)
思いつくだけでもこんな特徴があって、カモガワは愛されるようできてるなあ、と川岸を歩くたびに思います。

今日一緒に歩いた友達は、今月末に関東に引越し。
カモガワの亀石(飛び石)からの風景を目に焼き付けただろうか。
カモガワは本当にいい川で、その良さを簡単に言い切ってしまいたくないのだけど、
友達をネタにちょっと書いてみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.22

お庭と精進料理@相国寺

Shokokuji
精進料理のメニューは白いご飯とお汁、がんもどきの煮付け・ごま豆腐・ほうれん草のごま和え・つけもの、変わり種は昆布の素揚げ(右上)。白いご飯を食べ終わると、その椀にお茶をそそいで頂きます。ごま豆腐が美味しかった。


昨日は、友人に
「精進料理がいただける券をもらったから行かない?」
 と、誘われてご近所の相国寺に出掛けました。


「お寺で精進料理!」
に喜びすぎて

「それがどんなところで頂けるのか」
を全く想像しなかった私は、本当に近所を散歩する気分で手ぶらで出掛けたのですが、行ってみて

「!!!
カメラ持ってくるんだった…。」
というような、素敵な眺めの間で、いただくことが出来ました。
一応、携帯に納めましたが(笑)。


Syokokuji01
こういう広間で
Syokokuji02
お庭に向かって、食しました。この眺めからすると、庭を見下ろすよう、少し高い場所で食べているように感じました。気持いい、そしてなにより料理が美味しく感じる。

友人から聞いた話では、相国寺では、お寺で食べる分のお野菜などを(多分敷地内で)つくっているそう。ヨーロッパの昔の修道院みたいですね。映画の「薔薇の名前」にでてくるような。
この日のごま豆腐なども、こちらでつくられたものでしょうね。

Syokokuji03
食べ終わってからに縁にでると、庭が掘り下げられていることに気付く。
庭の背景が斜面状に立ち上がっているケースはよくあるが、このようにちいさな渓谷のようになっている庭を見るのは久しぶり。


+
相国寺でお料理を頂いたあとは、近くの御所を少し散歩。
なんと、もう桜が咲いてました。御所北西のしだれ桜ゾーンです。もう何本か咲いていて、この日は祝日ということもあり、たくさんの人は桜に見蕩れてました。
Gosyo_shidare

帰ってから、今日はなぜ精進料理が振る舞われたのか、ネットで検索してみたけど、わからず。
どなたか御存知の方がいらしたら、教えてください(笑)。

| | コメント (10)

2006.11.20

色づいてきてます、京都御所

今年は紅葉が遅いといわれていますが、京都御所の樹々の一部はそろそろ色づいてきました。
打合せを終えてオフィスに戻る途中に通った雨上がりの御所、紅葉したモミジやイチョウを撮りました。
Hi340003
Hi340009_1すでに真っ赤に色づいているモミジもありました。
Hi340011_1その真っ赤なモミジの足元。
Hi340013_1一等大きいイチョウ。足元に黄色い葉っぱを撒いてます。
Hi340015



|

2006.11.14

かつての京町家でも活躍?宇宙船型浴室

先週仕事で実測に伺ったお宅で、とってもユニークなものを拝見。
それは…
Bathall
家一番奥の庭に置かれた、宇宙船型?ユニットバス。
FRP(繊維で強化されたプラスチック)で出来ていて、搬入時には上下のパーツにわけられるようになっています。中は小さいながら浴槽と、シャワーあり。
家主の方から聞いたところによると、30年前くらい設置したとのこと。その当時はお風呂がついてない家が多かった京都で(京都は特に銭湯が充実している)このユニットバスが流行ったそうです。

そこでちょっとネット検索してみました。
このユニットバスは、高度成長期時代のヒット商品で北海道のメーカーが生産していた
“バスオール”
という商品ではないだろうかと思われます。このページの画像とは少し形が違いますが…。

聞いた話では、これを町家でいう通り庭(玄関土間等)に設置していた家もあったそう。
町家に宇宙船?というシュールな情景があったわけです…。

|

2006.11.06

京都御所の朝、ドングリ拾い

本日の京都御所朝の風景です。
Gosho061106_1s
子供たちのドングリ拾いを目撃。リュックサックを背負ってきているところ見ると、昼はここでお弁当でしょうか。


Gosho061106_01私のように通勤途中の人もいる。向こうから歩いてくる人は何やら楽しげ。気持ちは解る。

Gosho061106_03紅葉はまだですね。コチラは桜です。

|

2006.11.05

友人の結婚式@御所南の京都ハリストス正教会

おとといは友人の結婚式に出席。式(婚配式)は京都ハリストス正教会で。
以前にカトリックの教会での式に出席したことがあるけど、ロシア正教の流れを汲む式は初めて。式自体もとても興味深かったし、教会の建物は木造で外観はチャーミングな下見板張りペンキ仕上げ、内部はシンプルながらステンドグラスを通した光が荘厳な感じ(サイケデリックな感じ?でもあった)で、空間の方も楽しみました。

私ほこの日スナップ写真係。大事な日の写真なので少々緊張しながら、でもいい式だったのでかなり気持ちよく写真を撮りました。
スナップ写真の一部をどうぞ。


式前の準備風景/会場まで自転車、というのが京都らしい
Wed0102

式中の風景/キャンドル、冠は新郎新婦のためのもの
Wed0304

高窓の色ガラスを通った光が、独特の雰囲気をつくってます
Wed0405

式が終わった後。大人の片付けが終わるまで、子ども達は遊び。
Wed10

新郎のご家族が代々信者ということで、この教会で式を挙げたのだけど、ここ京都ハリストス正教会で結婚式が執り行われたのは、本当に何年振りかだったそうです。

|

2006.10.30

同志社アーモスト館で出前ちんどん

Demae02
先週末、京都御所今出川御門近くの同志社大学アーモスト館(寮)で音楽イベントが開催された。アーモスト館は、いつも前を通るたびに気になっていた建物。昭和7(1932)年に竣工、設計はヴォーリズ建築事務所。
現在も寮として使用されているので、こんなイベントでもないかぎり、ふだんは立ち入り禁止なのです…。

立命館大学の多国籍音楽サークル出前ちんどんによるイベントでした。どんな感じだったかというと…
Demae00
演奏のあった広間のような部屋。東欧、北欧系の音を聴かせてくれたナカトルマ、演奏前準備中。会場はフローリング、靴を脱いで聴ききました。すると、足元からも音が上がってくるのです。これが面白かった。
Demaec03
大学祭みたいに出店やフリマがありました。
Demae01
FM802で一度聴いていいなあと思ってたアーティストも出演。Klezmer music(東欧をルーツとするユダヤ人の特にハシデックのダンス音楽)をベースにした曲を演奏、イノウラトモエ。めちゃかっこよかったー。とくにクラリネットの浦さん!
日曜日出演のButterDogs(アイリッシュ)も人気、会場は人でいっばい、すごく盛り上がりました。

音と空間を楽しんだ週末でした。

|

2006.10.09

夕暮れ時の京都御所

ちょっと時間が空きましたが、先日の“念願の(やや)京都御所近くに引越”の続き。
夕暮れ時の御所です。


大きな樹々の下を歩く楽しみ。通学路としている学生達もいっぱいいる。
G060924_01

京都御所(建物)の北側あたり。
砂利を直しても直しても出来てしまう自転車道があるのがわかりますか?
G060924_02

御所(建物)の建春門前。
G060924_03

建礼門前大通りに面した緑地。サッカーに興じるおじいちゃんと子ども。
G060924_04

同じく建礼門前大通りに面した場所。
犬を散歩に連れてくる人が、夕暮れ時にこんなに結集しているとは知らなかった…。
G060924_05

すっかり日が暮れました。灯がともっているのは建礼門です。
G060924_06










|

2006.09.25

念願の京都御所(やや)近くに引越

地球アパートメント管理人は、今年6月に念願の京都御所(やや)近くに引越。近くといっても地下鉄1駅分離れていいるので歩いて15分ほどかかりますが、家から上御霊前神社の前を通り、相国寺境内を通り抜けて、御所にたどり着く道のりはかなり気持ちいいルート。
自宅の最寄り駅は地下鉄鞍馬口駅だけど、気持ちのいい天気の時は地下鉄の丸太町駅で降りて、御所それから相国寺を通り抜け家に帰ることも。40分くらいかかるので、そう毎日は歩いてませんが…。

昨日は夕暮れ時に御所に出掛けました。新しいカメラの練習も兼ねて。
Sokokuji01
相国寺の北口から入り、石畳の小路を南下。

Sokokuji02
小路の東側の方丈、飛行機雲。

Sokokuji03s
西側の経蔵。

Sokokuji04
角を曲がって講堂の前へ。

Doshisya_s
相国寺の総門を通り抜け、同志社大学の前へ。建物は同志社女子大学校舎。

G_imadegawagomon_s
京都御所の今出川御門の前へ。御所の大きな樹々がみえてくると、本当にほっとします。

後日へ続く。

|

2006.04.14

梅・桃・桜の贅沢

先週の水曜日の情報なんですが…、京都御所で贅沢にも梅・桃・桜を一度に楽しみました。

この日は用事があって上京区にでかけ、京都御所の乾御門(烏丸今出川あたり)から入り、まず近衛邸跡エリアの桜を。
Sakura02
この日は春の京都御所一般公開中。雨というのに、人でいっぱい。


Sakura03
この桜は前の記事「春を待つ京都御所」で写真をとったところ。


Sakura04
桜にみとれる人々。雨は関係ナシ。

Momo
烏丸丸太町をめざして下っていくと、まず桃林。花のつき方が可愛らしい。花見団子を連想するような枝。

桃林の中の小道をさらに南下、梅林に。花こそ桃や桜に比べると慎ましやかだけど、このエリアに足を踏み込むと春の香りに包まれた。
Ume02jpg
Ume
今年は梅の開花が少し遅めだったそう。そのおかげか、春の林三種類をいっぺんに楽しめました。
これを撮影したのは、先週だから梅はさすがに終わっているかもしれないけど、桃と桜はまだ大丈夫じゃないだろうか。

京都御所mapおよび自然のたより(花たより)はこちら。

|