2006.01.25

小学生にガイドしてもらう出雲

友人が出雲小旅行予習にいいサイトを教えてくれた。
----------------------------------------
出雲市内の大津小学校の児童が出雲の紹介をするサイト。
児童が素朴な視点で調査していて、「聞いたことあるけどホントのとこ、どうなってるんだっけ?」という大人のための記事にもなっていると思う。

出雲のネタ帖トップページ
そのブログ内で出雲の友人のおすすめはコチラ
----------------------------------------


Izumo_kamiariduki
私は出雲のネタ帖で「神在月」の意を確認しました。
写真は神在月に集結する八百万の神々の宿泊所。

|

2006.01.24

出雲小旅行ケンチク編、土木系項目補強しました

出雲小旅行ケンチク編、補強しました。
→記事はコチラ

土木学会発行の「日本の近代土木遺産_現存する重要な土木構造物2000選」が大活躍。何年か前に何となく購入していのですが、ついに活躍するときが来た!
この本、写真は派手ではないけど、扱っている物件数が多いし、分類の仕方もわりと見やすくていい本だと思う。


Izumo_ekisya
出雲大社前駅舎、「鄙びかげんがいいなあ。」と思って撮ってたんですが、土木学会的には「ランクB」でした。土木価値も充分あったんですね。

|

2006.01.23

出雲小旅行の予習_ケンチク編

Izumo_taisya02_1
出雲大社。比較的海の近くに建っているのに、靄の掛かった山にいだかれているというのが印象的。


建築編、いきます。
本日購入した本と、自宅の本から気になる建築をピックアップ。

■寺社系
-----------------------------------------
神魂神社本殿(国宝) _1583_松江市大庭町

イザナギ、イザナミを祭る大社造りの本殿。高床のつくりがかつてとてつもない高さに設けられていたという出雲大社本殿を少しだけ連想させる。
私の経験からいうと、一般的に有名でない建築でも「国宝」と名のつくものにハズレなし。
-----------------------------------------
佐太神社本殿(国重要文化財) _1807年_八束郡鹿島町佐陀宮内

3棟の大社造りの本殿を3つ並べた壮観な姿をしている。中央のものがやや大きく左の本殿は左右対称にするために従来の大社づくりとは逆の側に階段を設けている。3殿とも江戸時代後期の再建。大変に珍しいつくり。
(「中国・四国を歩こう!」からの抜粋)
-----------------------------------------
日御碕神社本殿・日沉宮拝殿、弊殿(国重要文化財) _1644年_日御碕

神の宮と日沉宮の2社からなる神社。境内は和様の楼門に続く回廊が囲み、2対の門客人社や禊所、校倉の宝庫がある。
(「中国・四国を歩こう!」からの抜粋)

建物の佇まいがよくて、興味を惹かれた。

----------------------------------------
出雲大社本殿_1744
----------------------------------------
akenotoriさんのBlog「神社を巡る旅」で神社の写真を拝見できます。
神魂神社/日御碕神社/須佐神社/出雲大社


■土木系 

ランクは「日本の近代土木遺産」により、AからCの3段階。
ちなみにランクAは最も重要な土木遺産で、国指定重要文化財に相当する。
ランクBはそれに次ぐ重要な土木遺産で、都道府県指定の文化財に相当する。
ランクCは、AB以外の重要な土木遺産で、国の登録有形文化財や区市町村指定の文化財に相当する。
(…どれも充分価値があるってことですね。)
----------------------------------------
日御碕灯台_1903_日御碕_ランクA

日本一高い灯台/石と煉瓦の2重構造/石肌露出/灯台資料展示室を併設/観光灯台。
(「日本の近代土木遺産」からの抜粋)
hiroyさんのサイト「弥生の森の散歩径(近代土木の散歩径)」から日御碕灯台リンクさせて頂きました。
目次の島根県日御碕灯台をクリックください。合わせて美保関灯台の画像も見れます。
----------------------------------------
神戸(かんど)堰_昭和2_出雲市神戸川_ランクA

日本で唯一の多連アーチ状の溢流式堰堤/小規模だが非常に美しい水流は他に例を見ない=近代の河川構築物の傑作。
(「日本の近代土木遺産」からの抜粋)

hiroyさんのサイト「弥生の森の散歩径(近代土木の散歩径)」から神戸堰リンクさせて頂きました。
表紙の写真がまず神戸堰です。そして目次の島根県神戸堰をクリックください。
とにかく、美しい!
----------------------------------------
(旧)大社駅舎_昭和13_ランクA

設計:伊東忠太(明治神宮の設計者)/本格的な仏閣駅舎/豪華な格子天井。
(「日本の近代土木遺産」からの抜粋)
----------------------------------------
出雲大社前駅舎_昭和5_ランクB

アール・デコを思わせるモダンな造形。(JR大社駅舎と両極にある。)
(「日本の近代土木遺産」からの抜粋)
Izumo_ekisya
----------------------------------------
出雲横田駅舎_昭和9_ランクC

宝物殿を思わせる/出雲大社ゆかりの地
(「日本の近代土木遺産」からの抜粋)
----------------------------------------
美保関灯台_明治31_ランクB

明治期の灯台/石肌露出/両脇に翼棟をもつ。
(「日本の近代土木遺産」からの抜粋)
----------------------------------------
美保関灯台ビュッフェ(元灯台仕員退息所)_明治31_ランクB

退息所としては異例なほど装飾的な入り口デザイン(典型的な古典風)/レストラン化にあたり思い切った大改造。(ファサードは不変)
(「日本の近代土木遺産」からの抜粋)
----------------------------------------
モニュメント・ミュージアム来待ストーン_1995_八束郡宍道町東来待1574-1_ランクC

壮大なスケールの石切り場、見学してみたい。
モニュメント・ミュージアム来待ストーンサイト
----------------------------------------


■近代・現代建築系
----------------------------------------
出雲大社庁の舎_1963
Izumo_kikutake
建築家菊竹清訓の作品。不思議な和風テイスト空間だった。
----------------------------------------
出雲市立出雲文化伝承館_1991
----------------------------------------


情報、まだ追加していきます。



|

2006.01.22

出雲小旅行の予習_フード編

旅の楽しみに地元フードは外せません。
--------------------------------------------
例によってまず友人のブログから
出雲の味

こちらも友人のブログから。かなり興味あり。
素敵なコーヒー屋さん
--------------------------------------------
あとは、やっぱ、出雲大社近くでソバかな。


Izumo_kanizushi
山陰本線で食べれる、アベ鳥取堂のかに寿司。見た目は素朴だけどおいしいし、ベタなデザインのパッケージも好き。(こんな写真撮ってた自分に驚き。)

|

出雲小旅行の予習_プロダクト編

出雲プロダクト編。
----------------------------------------
まずはその友人のブログから。
出雲の伝統工芸品
----------------------------------------
そして一緒に行く友人はこちらの窯元に興味があり。
出西窯


Izumo_densya
出雲大社前からでてる電車で。こんなレトロな内装で今でも走っているのかな?

|

2006.01.21

出雲小旅行の予習_神話編

Izumo_taisya01_1
出雲大社、鈴なり状態に結ばれているおみくじ。


つづいて、出雲神話編。
次の本がかなりの良書として勧められているんだけど、近所の本でも置いてなかったし、図書館にもなし。
だからまだ、自分ば読んでないのですが(笑)、入手したら感想書きます。
また、他にもいい本あれば載せていきます。

--------------------------------------------
古事記の原風景―神々が宿る悠久の大地古事記の原風景―神々が宿る悠久の大地


著者:古川 誠,牧野 貞之,伊藤 ユキ子

販売元:学習研究社

Amazon.co.jpで詳細を確認する
--------------------------------------------

|

出雲小旅行の予習_ランドスケープ編

Izumo_syaso
初めて山陰地方の訪れた時の車窓からのスナップ。もやが掛かった山なみ、瓦屋根の家々。


2月に出雲に住む友人を訪ねて小旅行を予定している。
なので、その旅に向けて、ぼちぼち下調べを始めようと思います。
出雲の友人に手引きしてもらいながら。

----------------------------------------
まずは、出雲の移ろう雲・空の色、のぞいてみよう。
雲と風景のフォトギャラリー
彼女いわく、刻々と雲のカタチが変化し、毎日、空の表情がとても豊からしい。
日本海と中国山脈に挟まれた、気候の厳しい土地だからだろうか。
冬、雪が多く寒いだけでなく。夏は暑いし、雨も多い。
----------------------------------------
出雲の平野といえば、私はすぐにこれが思い浮かべる。築地松のある風景。

築地松のサイト

築地松の素敵な写真を掲載している記事。よくわかります。
→55aiaiさんのBlog自分日記「実家 築地松

----------------------------------------
友人のブログで読んで、個人的に興味急上昇。

平田木綿街道の記事
----------------------------------------
あと、出雲大社、日御碕、宍道湖など、まだまだ見所あり。

|