« カモガワあっての京都 | トップページ | 地球アパートメントモデル »

2007.05.25

どんなふうに人を迎えたい?

昨日決まったのだけど、どうやら8月初旬に引っ越すことになりそうです。
前から少しづつ話が進んでいた、東山の長屋に。東京出張の帰りに、横浜に住む大家さんにお会いしたことで話が一気に進みました。

引っ越す予定の長屋は、2階建てでそれなりに広く、「地球アパートメントできるね!」と2、3の友達に言われたのだけど、(実際のところ、引越後地球アパートメントをすぐ開始するということはありません。)そもそも、

「人を迎えるのはもちろんしたいけど、具体的にはどんなふうに、そこで人と出会いたいのか?」

ということが、自分の中ではっきりしていないことに昨日気付きました。
それは、町家を自主改装して住む知人の活動を見たり話を聞いてみて、感じたのでした。
例えば、彼らはイベントのためにスペースを貸すにしても、そこに自分たちがどう関わるのか、こだわりをもってやっている。そこのところが、自分は何にも描けてないと、はっとしました。

ちなみに知人の住む自主(自力)改装した町家は鞍馬口ん家(くらまぐちんち)。
5/19〜6/17まで開催の楽町楽家というイベントに参加しています。期間中、鞍馬口ん家では、常設展示と3つの単発のイベントが開催されます。
最終日 6/17(日)に行われる“日本酒Bar鞍馬口んち2007夏 奥播磨試飲会”には、私も足を運びたいなと思ってます。この時期夕暮れ時に町家で飲むお酒は、美味しいだろうな。

鞍馬口ん家 への問い合わせ kuramaguchinchi@yahoo.co.jp


鞍馬口ん家で開催のイベント・インフォメーション↓(拡大すると読めます。)


Kuramaguchinchi




 

|

« カモガワあっての京都 | トップページ | 地球アパートメントモデル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カモガワあっての京都 | トップページ | 地球アパートメントモデル »